マンションを貸したいと検討しました

メリットなど情報収集し一時は本気で貸し出すことを想定

購入した分譲マンションを貸したいと検討したことがあるメリットなど情報収集し一時は本気で貸し出すことを想定最終的にはデメリットを考え踏み出せなかった

経費は所得から控除され、税金を結果として安くすることができる節税効果は、なかなかの利点と感じられます。
想定していたよりもはるかに高く貸し出すことが出来るのも、考えを進める理由でした。
もともと分譲マンションは長く同じ人が住むことを目的に作られていて、頑丈です。
一般的な賃貸物件よりも高額に貸せる上、物件そのものの価格も上昇していたので月々の賃貸料が、数万円単位で良い条件でした。
一時期は本気で貸し出すことを具体的に想定しましたが、いくつかの理由があり断念しました。
まず、出費を計算するとあまりメリットばかりではないと気がつきます。
賃貸に出すためにはリフォームやクリーニングの必要が出てきて、そこで当然初期費用がかかります。
さらに、貸し出した人とのあいだで起こるトラブルも少なくないと知り、少し尻込んでしまいました。
最初は良好な環境を築けていたのに、ふとしたきっかけでたくさんのクレームが入るようになり、簡単に出て行ってもらうわけにもいかず長い間苦しんだという経験を耳にして、怖くなったのも正直なところです。
設備が故障した時や、周辺の環境でもクレームが入る可能性はあります。
貸し出そうと実際に動き始めても、入居者が見つからないことも多いと聞きました。
優良物件でも、空室が出てしまうことはあり、そうなると家賃収入はゼロでプラスにはなりません。

マンションを貸したい不動産(マンション・一戸建て)を貸す